大事な、大事な名付け|赤ちゃんの名付けは占いをしてから!名前の付け方、教えます

大事な、大事な名付け

水晶玉

赤ちゃんを作って親になったとき、私たちには彼、または彼女を立派に育て上げなければならない人としての義務を背負うことになります。「背負う」なんていうと何だか重々しいかもしれませんが、要するに赤ちゃんを目いっぱい愛してあげる勤めがあるということなのです。
名付けは、そんな勤めの最初のステップだと言うことができるでしょう。名付けを一生懸命やるか、それともいい加減にやるかで、赤ちゃんの運命が変わってしまうこともあるのですから。
姓名判断という占いの世界では、人は赤ちゃんのときに与えられた名前によって実は人生のすべてが決まってしまう、といわれています。その人の人格とか、その人が他人からどう見られるかとか、たどる運命とか、大まかなことはすべて名付けの段階で決まるというのです。
もちろん、科学的な根拠は何もありませんが……。
日本には昔から言葉が魂を持つという「コトダマ」の考え方がありますが、その一環だといえるでしょう。

つまり、赤ちゃんの名付けを一生懸命してあげることは、彼、または彼女の人生が幸多いものであるようにと親が願いを込めることだと言えるわけです。
せっかくの人生ですからより良いものにすることができるように、つらい運命をはねのけるための余計な苦労などをさせることがないように、しっかり選んであげようではありませんか!