名付けで避けるべきこと|赤ちゃんの名付けは占いをしてから!名前の付け方、教えます

名付けで避けるべきこと

水晶玉を持っている女性

ここでは、すでに数十年前に名付けられた名前を持っている赤ちゃんではなくオッサンである私が、姓名判断サイトを使ってみた結果をもとに、出てきた結果について報告してみたいと思います。
姓名判断サイトは、基本的に、誰の名前も占うことができます。赤ちゃんの名付けに使われることが多いですが、「赤ちゃんの名付け専用」というわけではないのです。
というわけで、たとえば私のように自分の名前を姓名判断にかけてみたりすることもできるのです。
たとえば女性は、プロポーズされたときに相手の姓、自分の名前を入れて占ってみてもイイでしょう。姓名判断の世界では、姓名それぞれの名前の画数が運命を決定するという考え方があります。占ってきて大吉が出たら結婚する!というふうに、使ってみることもできるのです。

さて、そういうわけで赤ちゃんではない私が占ってみた結果ですが、あまり芳しくない結果でした。
いろいろと書いてありましたが、ひとつ「へえ」と思ったことがあったので報告してみたいと思います。
どうやら姓名判断の世界では、親の名前の1字を継承する、というのはあまりよろしくないという考え方があるようなのです。私の名前は1字がガッツリ親からいただいたもので、姓名判断サイトではその点を指摘してありました。もちろんこれはひとつの考え方ですが、これから赤ちゃんの名付けを感がる方、そして過去の私の両親にはその点に気を付けていただきたいと思います。